パンプトラックの走り方は?

パンプトラックの走り方は、ペダルを漕がずに走ることができます。

スケボーでも、足で漕がずに前進できます。(チックタックせずに進めます)

ブランコのように重心移動で前に推進する

パンプトラックの走り方は、コブ(坂)を下るタイミングで身体の重心移動を使って加速を付け、前進させます。ペダルを漕がずに前進することができるのです。


ちなみに、足はペダルにかけ、地面に対して平行に保つ姿勢になります。ちなみに、脚が右利きの人は、右足を前にするのが走行しやすいようです。


重心の掛け方は、ブランコを推進させる動作と似ています。


この動作のことを「パンピング」または「プッシュ」と言います


パンプトラックのパンプとは「パンピング(Pumping)」のパンプのことで、パンピングとは、R面で重心移動を使って加速を付けるテクニックことです。


”パンプトラック(Pumptrack)”のPumpも、PumpingのPumpから名付けられたフレーズです。

日本においては、BMXやMTBのライダーの間で、Pumpingの技術のことを、昔から「プッシュ」と言われてきました。しかし、海外では「パンプ」の方が多くの方に通じるフレーズであり、我々としても「パンプ」という言葉を通して、BMXやMTBのカルチャーとも紐づくことを願い、弊社では、プッシュではなく「パンプピング」を積極的に用いて行こうと思っています。

ちなみに、日本でも、スケボーや、サーフィンでは、これらの競技の基礎技術である”重心移動を使って加速を付けるテクニック”として「パンピング(Pumping)」のフレーズで使われています。

幼児のキッズたちでも「パンピング」の習得が可能です。


パンプトラックのテッペンの方では足を伸ばし

下るタイミングで、一気に下に向けて加重します。ブランコで加速をつけるのと同じ原理です。

そして次のコブの頂上に向けて、また身体を伸ば、下りのタイミングで、下に加重するのです。ブランコと同じようなタイミングと言うとイメージがつきやすいかもしれません。

スロー動画はこちら

さらにパンピングの詳細について説明する記事は以下になります。

以上が、 パンプトラックの走り方についてでした。


パンプトラックの設置場所は、日本各地に少しずつ広がっています。パンプトラック「Compact Pump」を導入してもらっている施設は、こちらのリンクに記載しています。


ぜひ、パンプトラックにて、パンピングに挑戦してみてください。


パンプトラックの導入をご検討の施設様へ

「パンプトラック」とは起伏のある凹凸(おうとつ)のコースです。自走する乗り物でジェットコースター感覚で楽しむことができる新感覚な遊具で、MTB・BMXやランニングバイク、スケボーなど車輪のついた乗り物で楽しめるものです。


これから、bb projectは、ショッピングモールの中、公園、アウトドア施設、スポーツ施設など集客施設へ、「パンプトラック」のCompact Pumpの導入を提案していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000